東京圏のIT企業様を対象としています!
スピード対応(土日対応)をしています!
入国管理局への提出書類をわかりやすく説明しています!

「外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得」
サポート


本文へジャンプ

東京圏のIT企業様からの「外国人IT技術者(SE)の就労ビザ取得」サポートを行ってきた実績から、

「これから日本に来る外国人をIT技術者として雇うことはできるだろうか?」
「外国人をIT技術者として雇うための条件はあるのだろうか?」
「どういった書類を集めて、どこの役所に出せば良いのだろうか?」


お客様のお手間をかけずに、スムーズに、スピード対応します


   



     

これから日本に来る外国人をIT技術者として雇う許可
(入国管理局宛てに「在留資格認定証明申請」)

でしたら、

ご依頼から「1週間」以内
1人/108,000円(消費税込み。着手金50%)
上記のほか、交通費、郵送費等の実費が加算されます
にて原則対応します!

まずは、お問合せフォームから!
らくらくお問合せフォーム・ページ

または、メールを送信してください。
info@motoffice.jp

速やかに返信を行います(24時間以内に返信します)。


 
【20170103】 更新しました!
【20160501】 当ページを開設しました!


「行政書士/司法書士 茂木正光の「外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得」サポート」

「プロフィール」;

1998年12月、行政書士事務所を開業、
1999年7月、司法書士事務所を開業し、
契約書確認・作成のほか、登記申請、許認可など民法・会社法の幅広い知識・経験に
よって、中小企業様・ベンチャー様のビジネス上の課題解決をサポートしています。

入国管理局申請取次行政書士として、数々の中小企業様・ベンチャー様から
「外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得」
(在留資格認定証明申請、在留資格変更許可申請)
の実績があります。

ソフトウェア開発やシステム開発の業務に関するお客様が比較的多いです。

事務所所在地 東京都板橋区南町(最寄駅はJR池袋駅)




外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得」サポートの流れ;

スピード対応を行うために
基本的にメールでのやり取りとさせていただきます!



1.お客様からお問合せフォームへご入力・送信をいただきます
  らくらくお問合せフォーム・ページ

  または、当事務所へメールの送信(お問合せ)いただきます
  info@motoffice.jp
   
   ↓

2.当事務所からお客様への迅速にご返信します
  具体的なサポートの流れを記載させていただきます
  (お客様からのご希望があれば当事務所から
   お電話を差し上げます)

   ↓

3.お客様から当事務所へ送信いただきました
  「お客様と外国人の情報」について
  入国管理局の条件に適合しているか確認します。

  お客様のところにお伺いして、外国人のパスポートのコピーや
  お客様の登記事項証明書、財務諸表など
  必要資料などのお打合せをさせていただきます

  当事務所にて入国管理局に提出する書類を作成し、
  お客様にサイン、法人実印等の押印をいただきます

   ↓

4.当事務所からお客様へ請求書を発行させていただきます
  (着手金(報酬の50%)の前払いにてお願いします)
  お客様からの当事務所の銀行口座への入金を確認します

   ↓

5.当事務所から入国管理局へ「在留資格認定証明申請」等の手続を行います

※ここまでの作業を最短1週間以内に完了させることができます!
  (土日も対応します)

※入国管理局への申請後、入国管理局の審査期間に2週間から2ヵ月がかかります。審査終了後に、在留資格認定証明書をお客様に宛てに送付します。この際に、残金と経費実費のお支払いをいただきます

※在留資格認定証明書を外国人宛てに送付し、外国人にて在外の日本領事館で
  就労ビザの手続を行えば、日本にIT技術者として入国することができます。



外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得」サポートの報酬;

これから日本に来る外国人をIT技術者として雇う許可
(入国管理局宛てに「在留資格認定証明申請」)の報酬

1人/108,000円(消費税込み。着手金50%)
上記のほか、交通費、郵送費等の実費が加算されます。

なお、すでに日本にいる外国人(大学・大学院卒業または転職)の在留資格の変更許可の場合は、
1人/129,600円(消費税込み。着手金50%)となります。
上記のほか、入国管理局手数料(4,000円)、交通費、郵送費等の実費が加算されます。


お問合せ



まずは、お問合せフォームから!
らくらくお問合せフォーム・ページ

または、メールを送信してください!
info@motoffice.jp

速やかに返信を行います(遅くとも24時間以内に返信します)!

※送信メールには下記をコピー&ペーストして
  必要事項を追記してください
  件名は「外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得サポートの件」としてください

1.お名前/
2.ふりがな/
3.ご連絡先お電話番号/
4.ご連絡先メールアドレス/
5.会社名/
6.会社の本店所在地/
7.お役職/
8.お問合せ内容(背景/ご事情、疑問点/不安点など)/

よくあるご質問;

1.行政書士とはどのような業種ですか?

  行政書士試験という国家試験を合格した後、行政書士法に基づく登録を行った法律専門職です。
  契約書の確認・作成、役所への許認可申請手続(建設業許可、宅建業免許など)の代行
  などを行います。

  この行政書士の中でも、入国管理局申請取次行政書士だけが、入国管理局への書類提出の
  代行をすることができます。


  ちなみに、司法書士は司法書士書士試験という国家試験を合格した後、
  司法書士書士法に基づく登録を行った法律専門職です。
  法務局への不動産登記申請手続、商業登記申請手続の代理などを行います。

2.お客様、外国人の情報の秘密は守られるのでしょうか?
  行政書士法、司法書士法どちらにも、お客様からご依頼いただいた業務についての
  守秘義務が課せられています。
  ご安心下さい。

  また、個人情報についても個人情報保護法に基づいてその保護を行っています。

3.東京以外でも対応してくれるのでしょうか?
  全国対応しております。
  ただし、東京圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)以外の場合は、面談での対応は難しいです。

  面談のない場合でも、もちろんメールまたは電話にて丁寧に対応します。

4.「外国人をIT技術者として雇うための就労ビザ取得」で
  よく問題になるのはどのような点でしょうか?

  @原則、外国人は大学または大学院を卒業している必要があり、専攻学部は「IT系」である必要があります。
  Aお客様の財務状況が良好である必要があります。
  Bお客様が外国人に対しておよそ月額25万円の報酬を支払う必要があります。
  などです。詳しくはご依頼後にメールにてやり取りさせていただきます。

5.法律用語などあまり関わってこなかったので、
  専門家から回答をもらってもよくわからないかもしれないかもしれない?
  ご安心ください! わかりやすくご説明をさせていただきます。
  



お問合せ



さあ、お問合せフォームから!
らくらくお問合せフォーム・ページ

または、メールを送信してください!
info@motoffice.jp

速やかに返信を行います(遅くとも24時間以内に返信します)!

※送信メールには下記をコピー&ペーストして
  必要事項を追記してください
  件名は「契約書チェックサポートの件」としてください

1.お名前/
2.ふりがな/
3.ご連絡先お電話番号/
4.ご連絡先メールアドレス/
5.会社名/
6.会社の本店所在地/
7.お役職/
8.お問合せ内容(背景/ご事情、疑問点/不安点など)/



 (c) 茂木正光行政書士司法書士事務所